インプラント治療

インプラント治療のご紹介

むし歯や歯周病など歯の病気や事故で歯を失ってしまった場合に歯を補う治療を行いますが、その選択肢には「入れ歯」
「ブリッジ」「インプラント」があります。従来は入れ歯やブリッジが一般的な方法でしたが、近年は見た目、機能に優れていること
からインプラントを選択される方も増えています。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較

歯を傷つけない!グラつかない!インプラント

前歯を一本失った場合

従来の治療法(ブリッジ)

ブリッジの支えにするために、両脇に残った健康な歯を削らなければならず、健康な歯に大きな負担がかかります。将来的にその歯を失ってしまうこともあります。

健康な歯を削ることがなく、負担をかけることもありません。見た目も天然歯と区別がつかないほど自然です。

奥歯を失った場合

従来の治療法(部分入れ歯)

金属の留め具などに違和感が生じ、見た目もよくありません。ズレてしまうことがあるため、硬いものを安心して食べられません。

留め具などを使わないため、お口のなかに違和感がでず、まるで自分の歯のような咬み心地を得られます。見た目もとても自然です。

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療法(入れ歯安定剤・入れ歯作り直し)

入れ歯安定剤では人前で外れるなどの不安があります。また総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。

入れ歯の支えにインプラントを使うことで、ズレたりガタついたりすることがなくなります。きちんとメンテナンスすることで半永久的にお使いいただけます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は実際にどのように治療を行うのか知っておきましょう。
インプラント治療はインプラントをあごの骨に埋め込む際に手術が必要になりますが、局所麻酔をかけて行いますので手術中の
痛みはありません。

STEP1 1回目の手術

インプラントをあごの骨に埋め込むための手術を行います。

STEP1 1回目の手術

STEP2 治癒期間

あごの骨とインプラントが強固に結合するまで治癒期間を設けて待ちます。

STEP2 治癒期間

STEP3 2回目の手術

インプラントにアバットメント(インプラントと人工歯を結合させるための接続器具)を連結させる手術を行います。

STEP3 2回目の手術

STEP4 治癒期間

手術により生じた歯ぐきの炎症が治まるまで待ちます。

STEP4 治癒期間

STEP5 仮歯の取り付け

仮歯をインプラントに取り付けます。

STEP5 仮歯の取り付け

STEP6 人工歯製作

噛み合わせに合わせて人工歯を製作します。
周囲の色調に合わせて作るので見た目も自然になります。

STEP6 人工歯製作

STEP7 完了

製作した人工歯をインプラントに取り付けて治療完了です。

STEP7 完了

インプラント治療の流れ

大阪市阿倍野区の歯科医院「文の里歯科クリニック」では、数多くのインプラント治療を手がけています。1~複数本の
インプラント埋入や総入れ歯を固定するためのインプラント埋入など、患者さまの症状に合わせた治療をご提案します。

前歯を失ったケース

前歯を1~数本失った場合のインプラント治療症例です。

手術前、手術後

インプラント手術の流れ

あごの骨と結合後から完成までの流れ

あごの骨と結合後から完成までの流れ

より安全・正確なインプラント手術を実現させるために

当院では、歯科用CTを院内に完備しています。手術前に歯科用CTを用いることで、診断がよりスピーディーになりより精度の
高い治療計画の立案、安全・正確な手術が可能になりました。

また、歯科用CTを完備している歯科医院はまだまだ少ないため、なかにはCT撮影のために他病院施設へ出向いていただく
医院もあるようですが、当院ではその必要がなく患者さまに負担をおかけしません。

歯科用CTのメリット

歯科用CTのメリット画像

歯科用CTはあごの骨の3次元情報を得ることができます。
水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見ることができ、口腔内の細部まで
立体的な画像診断ができるようになります。
CTで撮影した画像からは、顎(あご)の骨の形や欠損状態が分かる
だけでなく、神経の位置や向きなども調べることが可能。
腫瘍の大きさや3次元的形態の把握、歯のなかの神経の分岐状態や
根尖嚢胞の有無の確認などにも有効です。

体験者インタビュー

体験者インタビュー画像

文の里歯科クリニックにてインプラント治療をされた山口勝彦様(以下、山口様)にインタビューし、
治療するまでのいきさつや手術の際などの生の声をお話しいただきました。

Q.どうして、インプラント治療を受けようと思いましたか?
山口様:以前は、部分入れ歯を使っていました。
前歯の入れ歯だったので、見た目に違和感があり、金属のバネが見えるのがイヤでしたね。
それに小さな入れ歯だったので何度も失くしてしまうし……。
インプラントならほとんど自分の歯と同じような見た目・噛み心地が手に入ると聞き、治療することに決めました。

Q.手術に対する不安はありましたか?
山口様:正直、骨を削るという説明を聞いて怖い感じはしました。
また、インプラントに関する悪いウワサを聞いたこともありますし、不安がゼロだったわけではありませんね。

Q.実際の手術、治療はどうでしたか?
山口様:麻酔が効いてしまえば、むしろ抜歯のときよりも手術は早いくらいで、終わってからの痛みもほとんどなく、
「えらいカンタンやな?」と思いましたね。ただし、インプラントが骨と定着する期間に仮歯が取れたりといった、ちょっとした
トラブルはありましたね。2ヶ月という時間が長く感じられたのも事実です。

Q.今、新しい歯を手に入れられて、いかがですか?
山口様:入れ歯とは比べ物にならないくらい快適です。あたりまえですけどね(笑)
とにかく何でも食べられること、違和感がないこと、発音しやすいことがいいですね。
本当に自分の歯が蘇ったようですよ。
酔っ払って帰っても、入れ歯を失くす心配もないしね(笑)

  • 文の里歯科のこだわり
  • カウンセリングについて
  • 小児歯科について
  • 予防歯科治療 について
  • カムカムクラブ
  • ティーンズクラブ
  • ウェルカムクラブ
  • NEWウェルカムクラブ
  • オーラルスパ
  • ハミガキ道場
  • スタッフ紹介
  • MFT
  • 院内紹介
  • 担当医制
  • ホワイトニング診断
  • インプラント治療
  • 訪問歯科診療
  • facebook
  • 保険外診療
  • よくある質問

Copyright © Fuminosato Dental Clinic. All Right Reserved.